無料ゲームONLINE 審査甘い消費者金融 失業保険裏技 GTR35レンタカー 自動車燃費向上

事故で保険を使うかは考えよう

事故が起きて保険を使えば等級が下がって保険料が
あがることが多いのですが、

数万円の修理代なら保険を使わずに自費で行い
保険料をそのまま確保する方法があります。(保険料がそのまま)

しかし、その方法も等級によってお得度が
変わりますので

事故が起これば保険会社に相談して保険を使うのか
自費で処理する方がお得なのか確認すのがいい

※相談しても保険を使わなければ等級は落ちないので
無料TOOL

こまめに見直す

自動車保険は、自由化(1998年)されたので
保険会社で見積りをこまめにとって見直し作業を行う

今は、インターネットで一括見積りできたりするので
短時間で見直す事は可能ですよ


無料TOOL

自動車保険を一括で支払う

保険料を1年分を初頭に一括で払えば数千円ですが
安くなる可能性があります。これは、

年金や保険でよく用いられる方法で
自動車保険でもほとんどが一括払いの場合安くなります


無料TOOL

ノンフリート割引

例えば家族3人がそれぞれ名義で保険をかけている場合
思い切って保有契約を全て一つにまとめる

お父さん、お母さん、娘さんの3台の保険が
ばらばらならお父さんでまとめてみるとか

ただし、保険会社で可能か確認必要があります。
すべての会社で可能とは限らないので。

無料TOOL

家族で新たに車を買う場合

1台の車の保険の等級がかなり割引が
大幅になっているとして新たに車を買うのが

18歳の娘さんと仮定した場合、若い方は保険料金が高め
なのでお父さんの車の保険を娘さんの車にあてて

お父さんの車は新たに保険に入るようにすれば
お父さんは35歳限定など若い方より保険料が抑えれる

可能性が高い、家族全体の保険がトータル的に抑えれます。
※保険は、家族の協力のもと安くなる可能性大


無料TOOL

複数自動車を所有する場合

複数、自動車を所有する場合多くの保険会社で
2台目が安くなる可能性が高いです。

2台目の等級が通常より高くからスタートできるのです。
複数の車に対して複数の保険会社で契約するのではなく
保険会社を1箇所の方がお得になりそうです。
無料TOOL
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。