無料ゲームONLINE 審査甘い消費者金融 失業保険裏技 GTR35レンタカー 自動車燃費向上

オイルフィルター

オイルフィルターは、エンジンオイルが循環する通路につけてあり、エンジンの内部を循環しているエンジンオイルをきれいに保つためのもの。

エンジンを循環している間に、オイルには金属の削りかすなどの異物が交じります。
エンジン内部の金属と金属の摩耗による損傷を防ぐのがエンジンオイルです。

そこで、目の細かいろ紙のようなフィルターを通すことによって異物を取り除いてくれます。
このフィルターが目詰まりをおこしてしまうと、エンジンが焼きつく原因となってしまうのです。

交換の時期は、オイル交換2回につき1回は行った方がよいでしょう
オイル交換時に、オイルをすべて排出したのちに交換しましょう
無料TOOL

中古バイク傷・サビチェック

ハンドルやレバー・ウィンカー、マフラーの先端などにキズがないかを確認。
この点にキズがあるものは、転倒歴があると考えられるためです。

他に、ラジエーターやオイルクーラーの前面、エンジン下部、ホイールのキズなども要確認
また、フュエールタンク(ガソリンタンク)内にサビがないか、
キャップをあけて確認するとよいでしょう。

フュエールタンク内にサビがあると、サビがキャブレター内に入り、エンジン不調の原因となることがあります。

無料TOOL

バイクの分類

原動機付自転車一種(原付一種) 

総排気量が50cc以下で、長さ2.5メートル、幅1.3メートル、
高さ2.0メートル以下の原動機付自転車。一般に、原付と略されます。
管轄は、市区町村の役所となります。

原動機付自転車二種(原付二種) 

総排気量が50ccを超え125cc以下で、長さ2.5メートル、
幅1.3メートル、高さ2.0メートル以下の原動機付自転車。
管轄は、市区町村の役所。


軽二輪自動車(軽二輪) 

総排気量が125ccを超え250cc以下で、長さ2.5メートル、
幅1.3メートル、高さ2.0メートル以下の二輪の自動車。車検は不要です。
管轄は、運輸支局又は自動車検査登録事務所。


小型二輪自動車(自動二輪) 

総排気量が250ccを超え、長さ4.7メートル、幅1.7メートル、
高さ2.0メートル以下の二輪の自動車。2年ごとの車検が必要。
管轄は、運輸支局又は自動車検査登録事務所となります。

無料TOOL

原付バイク保険を取り戻す

廃車にするならば一括で払ったバイクの任意保険があれば
保険会社に連絡をとり廃車の手続きの旨を伝え

保険会社の規約に基づき余分なお金は返却してもらおう
尚、この廃車後当分自動車を購入する予定の無い方は

ついでに保険会社にその旨を伝え
等級の割引を継続できる書面も作成してもらいましょう

なにもしなければ等級が次回車を購入したとき
初回スタート対応になります。


無料TOOL

軽自動車廃車手続き流れ

1、書類を揃えて軽自動車検査協会へ
2、軽自動車協会で書類を揃えて提出
3、収入印紙購入して納付
4、ナンバープレート返還
5、抹消登録証明書をもらう
無料TOOL

普通自動車の廃車手続き流れ

1、書類を揃えて陸運局へ
2、陸運局で書類を揃えて提出
3、収入印紙購入して納付
4、ナンバープレート返還
5、抹消登録証明書をもらう

無料TOOL

自賠責保険

廃車によって自賠責保険の払いすぎ分が取り戻せます。
自賠責保険は、強制入会のあの保険です。

陸運局で廃車の抹消手続きが出来ないと
自賠責保険の返金はされないので注意が必要です。

10日前後で保険会社から指定の銀行口座に振込まれます

無料TOOL

自動車重量税の申請

自動車重量税を申請して取り戻しましょう
手続きは簡単、陸運局で申請書があるので銀行先など記入して待つ
3ヶ月ほどかかるかもしれませんよ
無料TOOL

自動車重量税

廃車により自動車重量税が戻ってくる可能性があります。
というのも車検で2年、3年分の重量税を先払いしているからです。

例えば1年分が残っていれば還付されます。
年数と車の重さ(1トンや2トンなど)で金額が決まっています。

廃車にした場合
自動車重量税の還付は忘れずに請求しましょう

無料TOOL

廃車必要な書類

廃車にする為に必要な書類(永久廃車の場合)

・車検証
・ナンバープレート(前と後ろ)
・印鑑証明書
(発行から3ヶ月以内)
・実印
・申請書(管轄の陸運局で)
・解体証明書(解体業者で)
・自動車税、自動車取得税申告書
・リサイクル券

管轄の陸運局で
無料TOOL

自動車リサイクル法

自動車リサイクル法は2005年に施行され現在に
至るのですが、この料金はを払ってない場合は

車検がうけれませんし当然、廃車の場合も
払っていなければ廃車にすることができません

ちなみに料金ですが
国産の車(軽も含む)約10,000円〜15,000円前後の金額が必要です

中古車で転売する場合や海外へ輸出する場合など
リサイクル料金は返納されます。




無料TOOL

一時抹消登録

長い期間車を乗らないが売るつもりがない場合、
税金などを払わない為に一時的に廃車にするようなしくみが

一時抹消登録。

ナンバープレートを陸運局に返却する必要があります

無料TOOL

永久抹消登録

永久抹消登録とは、永遠に乗ることのない
一般的に使われる廃車にすること

ちなみに車検日までに全損などで永久抹消登録で廃車にする場合
自動車重量税が戻ってくる場合あり

適切なリサイクル料金や車検までに1ヶ月以上のこっている場合
廃車にする時に確認しましょう

無料TOOL

廃車概要

ガレージに車検車が眠っている
走行過多で廃車にしたいなど

業者に頼むのなら任せればいいのですが
自分で処理するなら書類など手続きが必要です。

自動車やバイクによって
陸運局などで手続きする必要があります。



無料TOOL
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。